吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 日常のこと > まちなみ > ポストリノベーション~老人ホーム探検隊

ポストリノベーション~老人ホーム探検隊

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2014.9.12

昨日は介護型老人ホームの視察とヒアリングに回りました。
私たちがリノベーションを企画する古い賃貸物件は、古くからの入居者さんとも共存する住まいなので、高齢化問題も抱えます。

介護が必要になる入居者さんも増え、私たちの物件でも朝はデイサービスのお迎えの車が並びます。
しかし、デイサービスの限界時、次の住まいへの道筋も考えておかないといけません。

実際、私が探した老人ホームに入居された方もいらっしゃいますが、一般人には制度自体解りにくいうえ、業界的に情報が開示されていないため?開示の方法論が希薄なため?開示の意志が強くないため?

相当のエネルギーをかけないと、その方とマッチするところはわかりません。
そもそも、ここは良さそうと思えるところほど、なかなか空いてないわけでして。そして、地域差も大いにある気がしています。

今のところ、その人にとっての快適な要介護ライフを送るには、回りの人たちが考えを持って熱心に動かないと、その権利は獲得できないのかもしれません。本人はもう動けませんから。

これを続けることで、身内と自分の最後の居場所のために、見学とヒアリングを続けないといけません。

どの都市にするかも含めて。

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。