吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 日常のこと > まちなみ > 佐賀の味のある家と、七山の廃墟の定点観測

佐賀の味のある家と、七山の廃墟の定点観測

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2014.9.21

① 富士町 里山の家。手前の古民家ですね。増築を続けたかのような、遊び心を感じるおうちです。6軒の集落の一番川下の家。
② 浜崎海岸の家(元は公民館?)。並びは、最近きれいになった砂浜沿いの汐湯温泉。
③ 七山の廃墟はカーテンが細くなり、大雨が続いたせいかとうとう天井が落ちました。

 

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。