熊本県同友会八代支部 経営実践報告

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2014.10.6

10月29日(水)熊本県八代市にて「ビンテージビルが地域を変える」のテーマで、「価値創造ビジネス」についてお話をさせて頂きます。
八代は5月14日ロータリークラブさんにお招き頂いたばかりですが、今回はロングバージョンでのお話しです。

① ビンテージビル概念が生まれるまでの、「失敗から始まるイノベーション」
② 経営難から生み出し続けた、「経営戦略のグランドデザイン」
③ 中小企業だけが可能な、「社会的企業のブランディング手法」
④ 消滅可能性都市とされた大牟田市での、疲弊した中心市街地における「社会性と収益性をマネジメントした、新たなまちの活性化の取り組み」

以上、私たちのビジネス実践データから示唆される、「未来の地方都市とともに生きる中小企業の経営論」をご紹介させて頂きたいと思います。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。