吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 自社物件 > 山王マンション > 山王マンション「時代移植」Architizer 受賞記事 2014 10 27(月)朝日新聞 朝刊より

山王マンション「時代移植」Architizer 受賞記事 2014 10 27(月)朝日新聞 朝刊より

カテゴリー:山王マンション
投稿日:2014.11.9

山王マンションのリノベルーム「時代移植」に設計事務所を構えられる、建築家 信濃氏がニューヨークで受賞された、″ Architizer ″ の報告が、やっと日本の新聞記事になりました。

「山王マンションは、県内で最も早くリノベーションに取り組んだ集合住宅として知られる。その一室が、世界中の建築家が投稿するウェブサイト ″Architizer″ の建築賞で、今年の住宅インテリア部門審査員賞に輝いた。」

設計者の信濃さん、改めておめでとうございます!

なお、この受賞された信濃さんのオフィスは、来週から始まる「 ″DIYリノベ″ WEEK」 で特別公開されますので、お楽しみに!
ーーーーーーーーーー
私たちが提唱する ″DIYリノベ″ は、「老朽マンションや古民家を住む人に合わせて改装する」ライフスタイル。それは、まちの魅力を高め活気を生み出すことも可能です。その福岡県各地の取り組みを知ってもらおうと、仲間たちの15ヶ所を巡る旅のイベント「FUKUOKA ″DIYリノベ″ WEEK」 を1週間だけ開催します。

興味を持たれた方向けの、セミナーも準備しております。奮ってご参加ください。

1)11月11日(火)ソーシャルビジネス セミナー@天神パークビル

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。