名古屋 賃貸住宅フェア セミナー

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2014.11.26

「福岡賃貸オーナー井戸端ミーティング」を代表して、吉原のセミナーには、たくさんの立ち見の方にも聞いて頂いて申し訳ありませんでした。名古屋での講演は初めてでしたが、皆さんの共感を頂いたように思えます。

他の都市でのフェアと違うのは、セミナー後に会場を歩く中、帰りの電車でもたくさんの方に気軽に声をかけて頂きました。

そして、名古屋のラストセミナーは、「長野賃貸オーナー井戸端ミーティング」 の渡辺一男会長、豊田市の加藤芳雄オーナーの圧巻のトークでした。お二人とも仕事の精度の高さは、前職での高いレベルでのお仕事が反映されており、賃貸経営は人生経験を表現し得るすばらしい事業と再認識しました。それはグラフにおいて、稼働率を極限まで高めた結果として現れています。

ただ、その基本が人のつながりを大切にされる人間力であることは、間違いありませんが・・・。

司会は、来週の私たちの出版記念トークイベントにお越しいただく、永井ゆかり編集長。
日本の空き家は820万戸、その半分は賃貸。国は空家対策に、個人住宅空家を賃貸として流通させる方策を提示。それが、国交省発表の「DIY型賃貸ガイドライン」。と、まとめられました。

これから、住まいのあり方は大きく変わります。

皆さま、フェアおつかれさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝セミナーは、先日福岡までお越し頂いた金沢市クラスコの小村社長。賃貸管理の経営に、合理的で機能的な仕組みを、シンプルに持ち込まれた企業経営のイノベーターです。

金沢の老舗企業から始まり、全国にリノベーションのフランチャイズを展開されています。一緒にお話をすると、溢れる才能の片鱗を自然体で語られるのでとても楽しいですね。

3月には金沢クラスコ社まで会社訪問させて頂きます。その時は、長野から運行したての新幹線で行く予定です。

最後に、「長野賃貸オーナー井戸端ミーティング」の渡辺一男会長、石黒事務局長(アドイシグロ社長)、「福岡オーナー井戸端ミーティング」の吉原。豊田市の加藤芳雄オーナーでパチリ♪

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。