吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > ビルストック研究会 > NHK福岡「福岡DIYリノベWEEK」 の吉浦ビル会場とみんな 放映

NHK福岡「福岡DIYリノベWEEK」 の吉浦ビル会場とみんな 放映

カテゴリー:ビルストック研究会
投稿日:2014.11.25

NHKの「熱烈発信福岡NOW」では、私たちの“DIYリノベWEEK”13チームのうち福岡地区の2チーム(吉浦ビル・新高砂マンション)が代表になり、“DIYリノベ”の魅力を熱烈発信しました。

吉浦ビルでは、入居者さんが本格的に創るDIY賃貸のご紹介。
塗装やタイル張りは当たり前、キッチンまでDIY製作。
もはや吉浦ビルは、国内を代表する「DIY賃貸」に、吉浦さんは育て上げました。

ハハーン!そして、事業モデルのイラスト(写真6枚目)で、1万円札を束で持ってる人が吉浦さんのことですね 笑。

11月16日に第一回の幕を閉じたイベントでしたが、社会へのインパクトは波紋のように広がっています。
これは、頑張っている仲間たちと、楽しく自然な形で社会問題解決に動いているからこそですね♪

吉浦ビルは、最初は吉浦さんの賃貸の空家に身を削る思いから始まりました。しかし、そこに “賃貸ぐらしの楽しさ” という、これまでの社会に足りなかったものを組み込んだことが、「福岡diy同好会」のseiさんたちによる「DIYリノベ」を社会に広める活動や、九州大学の学生さんたちの夢や努力を集め、それがやがて、日本を代表する「DIYリノベ文化」の砦として、吉浦ビルを成立させているのだと思います。
https://www.facebook.com/fukuokadiy

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして私たちは常に、楽しく経験した「DIYリノベ」を社会的事業(ソーシャルビジネス)として社会性・革新性・事業性の側面から見直す時間を作ります。各自がその思索と報告会をおこなうことで、未来のあるべき市民生活を考えるオピニオンリーダーになり得ると思うからです ♪

11月16日に第一回の幕を閉じたイベントでしたが、社会へのインパクトは波紋のように広がっています。
これは、頑張っている仲間たちと、楽しく自然な形で社会問題解決に動いているからこそですね ♪

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。