アナザ柳川 ~生活のまちなみ

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2015.2.7

今朝は柳川の皆さんに、観光の柳川ではなく、「歴史とともにある生活のまち柳川」をご案内頂きました。
僕がこれまで車で良く行った、柳川藩主立花邸 御花、うなぎの若松屋や北原白秋生家は観光の場所であって、柳川の生活のまちなみを見たのは、なんと初めてです。そんな方は多いのでは?

城下町ではありますが、武士のまちというより商人のまち。職人集の製造業のまちというより、張り巡らされたクリークが象徴する水運のまち。へと印象が変わりました。

○ 慣わしに基づいた、巨大さげもん。一つのまりに1カ月かかるようです。
○ 永く伝えられたお雛様。
○ 和洋が並ぶまちなみ。
○ これはオモシロい!写真手前の、間口2mほど奥行きは10倍以上もありそうな「世間遺産」的古民家。なんと、喫茶店だったとのこと。中の構造を見てみたい!
○ 九産大の学生さんたちが取り組んでいる「柳川あるこうマップ(作成中)」。これができれば、生活のまち まち歩きが楽しくなりますよ♪

生活のまち柳川の面白さ発見♪

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。