吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > セミナー・勉強会 > ソーシャルビジネス委員会 > ソーシャル ビジネス 委員会 ~「社会的企業」を生み出すための経営革新勉強会

ソーシャル ビジネス 委員会 ~「社会的企業」を生み出すための経営革新勉強会

カテゴリー:ソーシャルビジネス委員会
投稿日:2015.2.10

「社会性+革新性+事業性=社会に必要とされる企業」を目指す26名の熱い皆さんが、冷泉荘に集まりました。
講師は、長崎スポーツタウンマネジメント㈱ 代表取締役/リーフラス㈱ 顧問 桃原祥文さん。
遠くは、香川県同友会から6名もいらして頂きました。

bjリーグ、アストライズ長崎に関わられての経験を紹介されながら、「住む人全員が健康になるまちづくり」を目指すお話しから始まりました♪

障害者の人の仕事は、探すのではなく創るべき。
過去実績で仕事をマッチングするのではなく、未来的可能性で仕事をマッチングさせるべき。

 
「社会性+革新性+事業性=社会に必要とされる企業」を目指す、全国から集まった26名の熱い皆さんによりグループワークショップ発表。

長崎スポーツタウンマネジメント㈱ 代表取締役/リーフラス㈱ 顧問 桃原祥文さんの話を聞いて触発された直後の今、「鉄は熱いうちに打て!アイデアは聞いた時間を使ったい今すぐ出せ!」。

ということで、各即興チームからナイスな“ソーシャルビジネス モデル”がわずか30分で提示されました。

最後に小津委員長より、8月計画の「ソーシャルビジネス企業宣言100社」を目指して、本日宣言される企業を求めました!

注)手を挙げた写真は懇親会の参加表明でした 笑。
こんな勢いで、ソーシャルビジネス企業を、我々の手で生み出しましょう!

小津委員長体制2回目の“ソーシャルビジネス委員会”恐るべし!

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。