吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > 今日のお客様 > 大阪不動産経営のプロの皆さま「DIYリノベツーリズム 2日間コース

大阪不動産経営のプロの皆さま「DIYリノベツーリズム 2日間コース

カテゴリー:今日のお客様
投稿日:2015.2.23

今日は、大阪の経営仲間を福岡市内での取り組みをご紹介。

博多区博多駅南:リノベーション ミュージアム 「山王マンション」
(写真:WALPA福岡・信濃設計研究所)
⇒ 城南区 樋井川:DIYリノベの最高峰 「吉浦ビル」
(写真:このあとのFBで)
⇒ 中央区  谷 :伝説のシェアハウス  「一宇邨」
(写真:めったに見れない、世界的建築賞の実験住宅)
⇒ 博多区 上川端:ビンテージビルの象徴 「冷泉荘」
(写真:懇親会は、博多の隠れ名物料理スパニッシュ)

へとお越しいただきました。

関西のオーナー会に関わる方も多く、今日は「九州大家の会」会長 小場さんと、副会長 赤尾さんにもお越しいただき、見学会の格があがりました 笑。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

城南区 樋井川:DIYリノベの最高峰 「吉浦ビル」を吉浦オーナーよりご紹介。吉浦さんは、入居者さんを手伝いながら、DIYで一緒に部屋を創るため、入居者さんとの信頼関係は半端じゃありません。

そんな入居者さんたちの集まる「吉浦ビル」恐るべし!

入居者さんたちがこぞって部屋の価値を上げて、楽しみも蓄積するレトロビル。
ビンテージビルへの道を着々と進んでいます♪

そして、それができる秘密は、吉浦さんのセンスとDIYへの飽くなき追及ですね。不動産経営が楽しくて仕方ない30代でした。(40代だったけ?)

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。