徳島県椿漁村

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2015.2.28

走行58km、総上昇標高969m、消費エネルギー1900kcal。

徳島県最東端の岬に近い、行き止まり漁村。
海と崖のスキマに並ぶ、長い長い路地の村は漁業と生活がしっかりと息づいてます。
ここに車では寂しい景色しかなかったのに、行き止まりの細い路地に入ったとたんに、たくさんの人と自転車と車が通っており、漁村銀座♪

なんと、行き止まりにあったのは、立派な時計台の神社。そして、DIYプール!

海がどこまでも透明な徳島。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラを持って見ていたら、シャッターチャンスを作ってくれた漁師さん♪

 

 

 

 

 

ここで食べれないと、このコースにはコンビニお店が一切ありません。ところが、客が並ぶ伝説の村民カフェ。
20分待ちでテンプラ定食900円に成功!

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。