「山の上ホテル」Hill Top Hotel

カテゴリー:まちなみ
投稿日:2015.3.11

せっかくなので、久しぶりに丘の上にある 山の上ホテルへ。
都心なのに老舗ホテルのコンパクトな造りが、暖かさを醸し出してます。
より古くなっていい感じ。
宿泊各階のクロークで待機しているホテルマンが、当時の格を感じさせますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっつ、和室ベッドルーム。部屋まで案内してもらうと、熱いほうじ茶をいれてもらったあとは、山の上ホテル謹製のウエルカムスイーツのサービスが。マカロン入り♪ そしてホテル中では面白いパーツがたくさんです。 まずは、畳部屋なのに埋め込みパネルヒーターが!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大変な研修が終わってブラ散歩しながら戻ると、どの小道を上ってもたどり着く迷えないホテル 笑。

コンパクトホテルなのに、3ヶ所の入り口にはそれぞれ意味があって、7つもある食事のお店と有機的に繋がってます。
今度はホテル内を迷いながら食事が選べる楽しさは、設計の妙でしょうか♪
今日も寒い中、玄関先で出迎えてくれているボーイさんと立ち話になりそうです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

文人には必須の、ルームサービスの充実度がスゴいです。夜中1:30までOK。

頼んだのは中でも好評な「洋風雑炊」。
以下、ホテルの解説より(文人のライティングかも)笑
『「かんづめ」にされている作家の方々のために「消化が良く、腹持ちするように」と開発された、文士に人気の夜食メニュー。プリプリのエビやホタテがたっぷり乗ったコンソメベースの雑炊は、温かさと美味しさにほっこりできる、やさしいお味です。』
明日試験なのに、お腹一杯で眠くなってきました♪
ドアノブ吊るしがカワイイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面白かった山の上ホテル。細かいところに今は見ないラシサがてんこ盛りされてました。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。