3日間研修後、お茶の水駅前 謎の不動産

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2015.3.12

やっと終わった中央大学駿河台講堂での“かんづめ研修”。

11グループ発表後の講師評価では、悩めるモデルオーナーへの不動産コンサルティング企画案では私たちの班が最高収益モデルとの評価を受け、最後は資格テスト。かなり疲弊しました。

その帰り道、JRお茶の水駅前で面白い不動産発見!

この居酒屋、小屋のような玄関しかありません。地下階段の入り口のための“地下ハッチの役割としての小屋”のようです 笑。

誰か知ってる人がいたら経緯を教わりたいです♪

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。