吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 日本経済新聞「この一冊」コーナーで、2013年5月(2年前)に出版した通称「ビンテージbon」を紹介頂きました

日本経済新聞「この一冊」コーナーで、2013年5月(2年前)に出版した通称「ビンテージbon」を紹介頂きました

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2015.5.18

ほぼ同じ内容の初版は2009年7月発行。
6年前に社会と自分に宣言した内容がようやく今に紹介頂けるなんて、自分ごとで申し訳ないですが嬉しくてたまりませんでした。
正式名は「エンジョイ、レトロビル!未来のビンテージビルを創る」。
発行は書肆侃侃房さんで、天神パークビルで同じ階の入居者さん。早速報告に!
お忙しい中に、本に登場頂いたオーナーさんや入居者さん、設計デザイナーの皆さんにも感謝でいっぱいです。
写真は、松本和生先生(MAJI.ST)、日高康智さん(air studio)、雨宮康子さん(テトラグラフ写真室)の皆さんが、僕らの思いを理解して撮ってもらったことで、今でも写真からビンテージビルたちの気持ちが溢れてきそうです ♪

 

11146486_863690130371857_6926117911260091542_n 11263132_863691177038419_7072690254007508224_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。