「月刊はかた」初 冷泉荘

カテゴリー:冷泉荘
投稿日:2015.6.2

以前からファンの「月刊はかた」さんに、「リノベーション ミュージアム 冷泉荘」を紹介頂きました。
折しも、6月号は「福岡大空襲」特集。
冷泉荘エリアには古くて素敵なレトロビルが多いことに気づき、市民向け冷泉荘近隣の「ビンテージビルまち歩き」をやってきたのですが、その理由は空襲によるまちの壊滅から始まることが徐々に解かってきたのです。
丸焼けになった博多文化の中心地である、このまちを復興することが、博多商人の意気込みであり願いであったでしょう。
そのために、唯一無二の心が入った建物がこの地に建てられたのだと感じれるようになりました。
今見えるどの風景も、歴史の集積の上にしか成り立たない奇跡と感じられるようになった、その事が再び書いてありました。
とても良いタイミングで、同様の冷泉荘を扱って頂いたのも、レトロビルが取り持つ運命のようですね♪

22504_870849009655969_9002017469422738751_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。