ソーシャルビジネス委員会7月オープン例会(6/30開催)

カテゴリー:セミナー、勉強会
投稿日:2015.6.18

《 鹿児島同友会会員企業のまちづくりビジネス 》
『 中小企業の知恵とつながりが鹿児島のまちを変える!
~まちの問題は私たちが解決します!! 』

[概要] 近年、人口減少における衰退都市の問題として空家・空ビルの急増が目立ち始めました。一方で、それをまちづくりに活用する動きも加速しております。
しかし、再開発とは違い、箱を創れば解決するものではありません。また、どこかでやられたことをまねしただけでもうまくいきません。そこでは、人の役割がこれまで以上に大きな力となることが再認識されています。
そこで、今、鹿児島で新たな動きから都市ムーブメントを興されようとしている次世代のリーダーに経営体験報告をして頂きます。
社会の変化から、自社の経営と環境をどのように変化させているのか?これから、どのような動きをされようとしているのか?
ソーシャルビジネスの視点から、須部氏の活動を分析することで、空家・衰退都市・消滅都市問題を自社ビジネスで解決するための手がかりを見つけたいと思います。
皆様、奮ってご参加ください。

■日 時:2015年6月30日(火) 16:00~18:00  受付 15:30

■会 場:リノベーション ミュージアム 冷泉荘 1Fホール (福岡市博多区上川端9-35)

■報告者:(有)すべ産業 営業部長兼リノベーション事業部長 須部貴之氏

■参加型グループ討論テーマ:
「福岡企業と鹿児島企業の協働事業で、世の中を変える社会的事業を見つけよう」

■参加費: 1,000円  ※懇親会 (近隣にて4,000円程度)

■対 象:中小企業家同友会会員及び、一般

■主 催:福岡県中小企業家同友会ソーシャルビジネス委員会

■報告者紹介
●事 業 :不動産業(賃貸・売買・仲介・管理・リノベーション)
●代表的お仕事「磯浜ビル」
https://www.facebook.com/isohama.bldg

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。