吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 活動ブログ > 活動 > スペースRデザイン事業 > 長野ビンテージビル PJ「光ハイツ」の「 鉄と本とわたし」訪問

長野ビンテージビル PJ「光ハイツ」の「 鉄と本とわたし」訪問

カテゴリー:スペースRデザイン事業
投稿日:2015.7.17

長野市中心部の賃貸マンション「光ハイツ」にて、今度できた 「room name:鉄と本とわたし」を拝見。

長野らしい、看板会社さんらしいステキなリノベルームがまたしてもできました。つい、ゆっくり仕事したくなる雰囲気。

この部屋の、本棚、収納、テーブル、いずれも創業80年、老舗看板屋サンの技術による手作りです。

今まで見てきたリノベーションの部屋とも違う、独特の かっこよさ と 温かさ は、職人気質によるプロダクト魂が垣間見れるからかもしれないですね。

今回、2重サッシも入り真冬の快適性が楽しみです。

さらに、当社の得意技、入居者さんと一緒にDIYする「リノっしょ」も取り入れて頂いて。

こんな手の込んだ、待ってくれている人たちがいる まち中の賃貸物件は、移住者、転勤者の方に、よりGOOD な選択肢のはずなんですよね。

そして、窓の前が解体予定、明日の「オクリビル」主役。県営 鶴賀ビル団地♪

〈こんな紹介されてます〉
▼みんなでDIYで本棚作っちゃいました☆
テトリス本棚ワークショップの模様
http://nagano.space-r.net/blog/3924
▽家賃等、詳細はサイトをご覧ください。
http://nagano.space-r.net/hikariheights/room403

11754705_900026126738257_1378101729223483263_o 11227902_900024640071739_5102843671873681634_n 11794475_900025076738362_1288500534199749756_o 11249701_900025790071624_9200400594483078678_n 11693859_900026810071522_7717342299279230552_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。