吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > 今後のセミナー・勉強会情報 > 日韓・地方都市におけるリノベーションまちづくりの動向

開催日時:2019年2月16日(土)

日韓・地方都市におけるリノベーションまちづくりの動向

カテゴリー:今後のセミナー・勉強会情報
投稿日:2019.2.1

韓国・地方都市におけるリノベーションまちづくりの動向について、建築都市空間研究院(国土研究院)の尹ジュソン氏と、「ビンテージビル文化」を福岡をはじめ九州に広げている吉原勝己氏による講演を開催します。
韓国地方においても、空き物件を活かしたまちづくりの事例が増えつつあります。地域住民で土地を合同所有し、まちカフェを運営したり、空き家を活かしたスタートアップ支援事業に取り組んだり、地元産商品を取り扱うセレクトショップ(ごま油専門店など)をオープンしたりと、韓国ならではのダイナミックな事例を当日ご紹介したいと思います。その後、吉原さんからは、福岡を中心としたコミュニティでビルを再生する取り組み、現場専門家間のゆるいネットワークづくりなどについて伺いたいと思います。
質疑の際に、仕組みや秘訣についてつっこんでください。

もちろん、日韓の事情は経済、不動産、社会的に異なっていますので、その違いについても理解できる場になると思います。

 

■尹ジュソンさんのプロフィール
2014 東京大学都市工学にて博士号取得(テーマは地域SNSとまちづくり)
2015 建築都市空間研究院(国土研究院)に入社。
現在 地方都市の地域性を活かしたスタートアップの支援、リノベーションまちづくりの専門家たちとのネットワークづくりなどを進めている。
2019 まち再生センター長

 

10:00 尹さんの発表
11:00 吉原の発表
11:20 ディスカッション
(12時終了予定)
※18時からはまちなかで懇親会を開く予定です。ご興味のある方は問い合わせください。

 

参加費:無料
お申込・詳細:facebookイベントページをご覧ください

開催日時

日時:2019年2月16日(土)
時間:10:00~12:00

イベント開催場所

場所:熊本大学(まちなか工房)
住所:熊本市中央区南坪井町1-5 サンコスメディオビル2F