吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > リノベーション > 『「リノベーションミュージアムプロジェクト」から未来の賃貸ビルの可能性を探る』寄稿しました(日本建築学会2016年8月19日)

『「リノベーションミュージアムプロジェクト」から未来の賃貸ビルの可能性を探る』寄稿しました(日本建築学会2016年8月19日)

カテゴリー:リノベーション冷泉荘山王マンション
投稿日:2016.8.19

日本建築学会建築計画部門セッション『居住文化とミュージアム』にて、冷泉荘と山王マンションの活動について寄稿いたしました。
タイトル:『「リノベーションミュージアムプロジェクト」から未来の賃貸ビルの可能性を探る』
日本建築学会:http://taikai.aij.or.jp/2016/tours/index.html
14064294_1159483577459176_6307740025752853173_n

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。