吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > まちづくり > 新高砂マンション開催『福岡アジア都市研究所(URC)第3回ナレッジコミュニティ「福岡的未来の賃貸暮らしの可能性-ライフステージに応じた新しい住まい方を考える-』の模様が紹介されました((公財)福岡アジア都市研究所 2018年1月12日)

新高砂マンション開催『福岡アジア都市研究所(URC)第3回ナレッジコミュニティ「福岡的未来の賃貸暮らしの可能性-ライフステージに応じた新しい住まい方を考える-』の模様が紹介されました((公財)福岡アジア都市研究所 2018年1月12日)

カテゴリー:まちづくりスペースRデザイン新高砂マンション
投稿日:2018.1.12

2017年12月7日(木)新高砂マンション1階、清川ロータリープレイスで開催された、福岡アジア都市研究所(URC)第3回ナレッジコミュニティ『福岡的未来の賃貸暮らしの可能性-ライフステージに応じた新しい住まい方を考える-』当日の模様が掲載されました。

福岡アジア都市研究所都市政策資料室
http://urc.or.jp/reference

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。