吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > スペースRデザイン > 『清川ロータリープレイス』が紹介されました(明海大学×不動産流通推進センター『地域価値の向上に資する 不動産ストック活用事例と考え方』2019年9月)

『清川ロータリープレイス』が紹介されました(明海大学×不動産流通推進センター『地域価値の向上に資する 不動産ストック活用事例と考え方』2019年9月)

カテゴリー:スペースRデザインビンテージビル吉原住宅新高砂マンション
投稿日:2019.9.19

新高砂マンション1F『清川ロータリープレイス』および、半田兄弟『半田ビル』の再生過程が、明海大学不動産学部と不動産流通推進センターが出版する『地域価値の向上に資する 不動産ストック活用事例と考え方』にて紹介されました。

下記URLよりダウンロードも可能です。
https://www.bookpc.jp/Order/?fbclid=IwAR0qQ67F7VC8Lq9pb13ez6haKMWRwat_CTuagliav98WzpDW4eExA777yXE#/Publication/PublicationDetail/157

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。