吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > スペースRデザイン > 福岡県久留米市『コーポ江戸屋敷』が紹介されました(英国『ResidentialArchitecture as Infrastructure』2021年11月30日)

福岡県久留米市『コーポ江戸屋敷』が紹介されました(英国『ResidentialArchitecture as Infrastructure』2021年11月30日)

カテゴリー:スペースRデザインビンテージビルプロデュース物件
投稿日:2022.1.3

世界各国のオープンビルディング(居住者参加による集合住宅の計画手法)の実践事例がまとめられた英国の書籍 『ResidentialArchitecture as Infrastructure』にて、福岡県久留米市におけるH&A Apartment社とスペースRデザイン社の『コーポ江戸屋敷』の取り組みが、東京工芸大学工学部建築学科の森田芳朗先生よりご紹介いただきました。

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。