吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > 吉原住宅 > 賃貸老朽ビルをいきいきと活用するための実験 (建築とまちづくり no.343)

賃貸老朽ビルをいきいきと活用するための実験 (建築とまちづくり no.343)

カテゴリー:吉原住宅
投稿日:2006.2.1

建築を愛し地域に根ざした住み良いまちをつくろうとする人々の為に作られた専門誌『建築とまちづくり』に弊社代表の吉原が書いた原稿が掲載されました。建築とまちづくり no.3432006.2.1賃貸老朽ビルをいきいきと活用するための実験2006.2.1賃貸老朽ビルをいきいきと活用するための実験(2)2006.2.1賃貸老朽ビルをいきいきと活用するための実験(3)

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。