活躍する地場企業の戦略を探る

カテゴリー:吉原住宅
投稿日:2006.12.1

『月刊 不動産流通 2006年12月号』にて、代表の吉原がリノベーションに基づくブランド化と資産価値の向上を語っています。そこで吉原は、コミュニティの場を設けるなどのソフト面の充実がリノベーションになくてはならないと指摘しています。月刊不動産流通 no2952006.12.1「活躍する地場企業の戦略を探る」記事①2006.12.1「活躍する地場企業の戦略を探る」記事②2006.12.1「活躍する地場企業の戦略を探る」記事③

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。