吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > カルチャー > 多様な業種、年齢、価値観により、低コストかつ個性的な再生を実現(再生グラフィックス)

多様な業種、年齢、価値観により、低コストかつ個性的な再生を実現(再生グラフィックス)

カテゴリー:カルチャー冷泉荘
投稿日:2010.7.10

”再生”をキーワードに、デザインの力で既存の商業地や施設、ブランドを蘇らせた事例を紹介する『再生グラフィックス』。その中の一つの事例として冷泉荘、トラベラーズプロジェクトが紹介されています。デザインを主に扱った書籍のため、パンフレットやフラッグなどのデザインを主に紹介していただいています。そのデザイン力を生かしたリノベーション物件はこちらで紹介されています。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。