吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > NPO法人福岡ビルストック研究会 > おもちゃ箱のようなアパート冷泉荘(FBS福岡放送 めんたいワイド 2010.09.22 OA)

おもちゃ箱のようなアパート冷泉荘(FBS福岡放送 めんたいワイド 2010.09.22 OA)

カテゴリー:NPO法人福岡ビルストック研究会冷泉荘
投稿日:2010.9.22

FBSめんたいワイドのバス停ぶらり旅というコーナーでおもちゃ箱のような冷泉荘が紹介されました。上川端商店街の裏側の路地に足を運んでみると、吉原住宅が維持管理する冷泉荘があります。築52年、以前は住居として使っていたアパートが、今は昭和のレトロを活かし「ひと・まち・文化」をテーマとしたお店やギャラリーが集まっています。現在は25部屋ご利用いただいています。

このアパートの管理人杉山さんもアーティストの一人なんです。杉山さんの廃材を使った創作楽器も紹介していただきました。とってもユニークな作品ですよ~ 自分の耳で聞きに来て下さいね!

別の部屋には誰でも無料で利用していただける読書室もあります。 利用される際には管理人の杉山さんまでお声をかけて下さいね。

このほかにも、雨の日でも身体を動かせる卓球センターも無料でご利用いただけます。 読書室同様、管理人の杉山さんまでお声をおかけ下さい。 路地裏の古いアパートには想像以上の発見と出会いが待っていますよ。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。