吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > カルチャー > 九州のビジネス支援サービス THE SHARE雁林(九州経済調査月報1月号)

九州のビジネス支援サービス THE SHARE雁林(九州経済調査月報1月号)

カテゴリー:カルチャースペースRデザイン
投稿日:2012.1.1

九州経済調査協会が毎月発行している調査月報という会報誌にTHE SHARE雁林のことが取り上げられました。この調査月報は企業、行政、大学などの会員団体へ配布されています。掲載テーマは「都市におけるビジネス支援サービスの集積」です。入居者同士や外部とのつながりをサポートすることで、事業が活性化しているという点をピックアップしていただいてます。THE SHARE 雁林では、空間をシェアするだけではなく仕事や想いをシェアすることで、つながりのあるライフ(ワーク)スタイルが実現できます。そのつながりには、ビジネスのも相乗効果を生み出す力があるのです。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。