吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > まちづくり > 「Re1920記憶」in福岡・冷泉荘にて開催(西日本新聞2012年4月27日号)

「Re1920記憶」in福岡・冷泉荘にて開催(西日本新聞2012年4月27日号)

カテゴリー:まちづくりスペースRデザインビンテージビル冷泉荘吉原住宅
投稿日:2012.4.27

5月1日~31日、「同潤会アパート」「1920年代」「リノベーション」をテーマに、古い建物の活用、建築・まちを考える”きっかけ”を生む、展示・イベント「Re1920記憶」が北九州・福岡にて開催されます。その福岡会場として、5日~7日、リノベーションミュージアム冷泉荘にて展示やイベントが行われます。5日は、同アパートメントの写真展を手掛けてきた石丸彰子さんら女性3人が「リノベ女子トーク」と題して建築の魅力を語り合い、また6日にはスツールの座面を紙ひもで編むワークショップ(参加費1万4500円)が行われます。※冷泉荘B棟1階2コ1多目的スペースにて。その他のイベントは無料。西日本新聞2012年4月27日付

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。