吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > スペースRデザイン > 顧客に評価される価値を創出する企業事例として、吉原住宅が紹介されました。(信金中金月報 第11巻第10号/通巻478号)

顧客に評価される価値を創出する企業事例として、吉原住宅が紹介されました。(信金中金月報 第11巻第10号/通巻478号)

カテゴリー:スペースRデザイン吉原住宅
投稿日:2012.10.10

2012年10月1日発行「信金中金月報」における調査、「本物の顧客志向で付加価値を創出する中小企業」の事例として「吉原住宅有限会社」が紹介されました。1965年の設立から47年を迎えた「吉原住宅」の創業から現在に至る経緯、顧客価値の考え方やその具体的な創出に至った経緯、さらに今後の取り組みについて紹介していただいています。本文PDFはこちら。(p.32~p.35)信金中金月報 第11巻第10号/通巻478号

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。