吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > たのしイネ > スペースRデザイン社員「牛島光」特集。街への新しい関わり方、若い世代として考えるこれからの課題。(西日本新聞2012年11月9日)

スペースRデザイン社員「牛島光」特集。街への新しい関わり方、若い世代として考えるこれからの課題。(西日本新聞2012年11月9日)

カテゴリー:たのしイネまちづくりスペースRデザイン吉原住宅天神パークビル
投稿日:2012.11.9

ビンテージビル創出事業に取り組むスペースRデザイン社員であり、サブカルチャーを語り合う場を提供するNPO法人のメンバーである「牛島光」氏が、西日本新聞てんじん万華鏡コーナーにて特集されました。今を輝く27歳。そんな若者代表である彼の考える天神とは。若者に生まれつつある街への新しい関わり方とは。天神のビル屋上で挑戦した米作りの取り組み、そこで得た貴重な体験。さらには若い世代として考えるこれからの課題。優しくまじめで穏やか、誰からも好かれる性格で自転車が趣味の「牛島光」氏。そんな彼の思いや考えがぎゅっと詰まった記事となっています。これからの活動が楽しみですね。西日本新聞2012年11月9日付

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。