吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > まちづくり > 老朽アパートからリノベーションミュージアムへ。冷泉荘の変身ストーリーが紹介されました。(博多まち歩きマップ~2012年秋・冬~号)

老朽アパートからリノベーションミュージアムへ。冷泉荘の変身ストーリーが紹介されました。(博多まち歩きマップ~2012年秋・冬~号)

カテゴリー:まちづくりスペースRデザイン冷泉荘吉原住宅
投稿日:2012.11.30

博多まちづくり推進協議会発行「博多まち歩きマップ~2012年秋・冬~号」の「知っとーと?STORY」ページにて、博多区上川端町にある築54年の「リノベーションミュージアム冷泉荘」が紹介されました。冷泉荘が「老朽アパート」から、「リノベーションミュージアム冷泉荘」へ変身したストーリーのほか、ふだんなかなか知ることのできない博多のまちのスポットやストーリーが数多く紹介されています。博多再発見!まち歩きのススメとして、たくさん寄り道しながらゆっくりのんびり博多のまちを歩いてみてはいかがでしょうか。博多まち歩きマップ~2012年秋・冬~号

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。