吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > スペースRデザイン > 「ランチェスター法則で業績を良くする方法」の成功事例として、弊社を紹介していただきました。(Poti vol.15)

「ランチェスター法則で業績を良くする方法」の成功事例として、弊社を紹介していただきました。(Poti vol.15)

カテゴリー:スペースRデザイン吉原住宅
投稿日:2012.12.1

株式会社アステム発行の情報誌「Poti」vol.15のなかで、ランチェスター戦略実践コンサルタント「羽山プロジェクトオフィス代表取締役 羽山 直臣氏」により弊社の事例を紹介していただきました。代表の吉原が前職の製薬会社で得た医薬品開発~販売の体験を生かし、そのノウハウを経営改善に応用し仮説と検証を繰り返しながら危機脱出に成功したストーリーを、「ランチェスター法則で業績を良くする方法」の事例として紹介していただいています。Poti vol.15

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。