吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > スペースRデザイン > 世の中に求められるソーシャルビジネス!福岡の事例として吉原住宅が紹介されました。(POSTin-Biz 2013.3 Vol.1号)

世の中に求められるソーシャルビジネス!福岡の事例として吉原住宅が紹介されました。(POSTin-Biz 2013.3 Vol.1号)

カテゴリー:スペースRデザイン吉原住宅
投稿日:2013.3.18

今月より発行された福岡のビジネス情報誌「POSTin-Biz」のなかで、ソーシャルクリエイター下野弘樹氏による「世の中に求められるソーシャルビジネス!」の福岡での事例として、「吉原住宅」が紹介されました。

ソーシャルビジネスとは、経済産業省では「社会性・事業性・革新性」を備えたものと定義されています。

吉原住宅では、老朽化した建物にリノベーションという手法で新たな価値を見出し、レトロビルからビンテージビルへと進化させさせることで、まちの景観やそこに培われてきたコミュニティを守り、建物から地域の活性化までを目指す取り組みを行っています。

また、下野氏のインタビューによる中小企業経営者の視点で考えるソーシャルビジネスとして、代表の吉原が通常のビジネスとの違いなどについて語っています。

POSTin-Biz 2013.3 Vol.1

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。