吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > スペースRデザイン > 弊社代表・吉原が、福大・田村教授と、ビジネスの視点から見るNPOとの協働の可能性について対談しました。(ふくおかNPO50~CSRパートナーカタログ~2013年4月)

弊社代表・吉原が、福大・田村教授と、ビジネスの視点から見るNPOとの協働の可能性について対談しました。(ふくおかNPO50~CSRパートナーカタログ~2013年4月)

カテゴリー:スペースRデザインビジネス吉原住宅社会貢献活動
投稿日:2013.4.1

企業が、利潤追求だけでなく、企業の社会的責任(CSR=Corporate Social Responsibility)をどのようにして自発的に果たしていくかが、今まさに問われています。価値観やニーズが多様化してきた現代において、企業も多様な主体の一員として地域社会に受け入れられながら持続可能な経営を目指すことが求められているからです。

そこで、より良いCSRの推進として、市民が事業や活動を通して社会と具体的にかかわる組織であるNPOと企業との協働を目的とし、今年3月福岡県NPO・ボランティアセンターにより「CSRパートナーカタログ50」が発行されました。

そのなかで、特集~ふくおかCSR座談会 ビジネス界~として、弊社代表「吉原勝己」、 福岡大学教授「田村馨」氏による、ビジネスの視点から見るNPOとの協働の可能性について、座談会の内容が紹介されました。

CSRパートナーカタログ50 成25年3月発行

 

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。