吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > スペースRデザイン > 発想力を磨く新感覚カード「カタルタ」を、桜坂山ノ手荘にて体験。(西日本新聞2013年8月7日号)

発想力を磨く新感覚カード「カタルタ」を、桜坂山ノ手荘にて体験。(西日本新聞2013年8月7日号)

カテゴリー:スペースRデザイン吉原住宅
投稿日:2013.8.7

いま静かなブームとなっている「カタルタ」とは、ゲーム感覚で即興の対話を楽しみながら、発想力を高める鹿児島発のカードセットのこと。
カードの中央にリンクワードと呼ばれる接続詞や副詞が記されているのが特徴で、その言葉に沿って自己紹介したり、グループで物語を紡ぎ楽しむ対面式の新感覚コミュニケーションツールです。

その「カタルタ」を使ったイベントが先月、築42年の木造アパートを改装した「桜坂山ノ手荘」にておこなわれ、初対面の男女が初めてカタルタを体験し交流を楽しむ様子が、西日本新聞に掲載されました。

西日本新聞2013年8月7日付

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。