吉原住宅有限会社[ビンテージビル創出企業] > パブリシティ > カルチャー > 弊社代表・吉原と冷泉荘管理人・杉山の論文が掲載されました。(日本建築協会『建築と社会』No1115)

弊社代表・吉原と冷泉荘管理人・杉山の論文が掲載されました。(日本建築協会『建築と社会』No1115)

カテゴリー:カルチャーリノベーション冷泉荘山王マンション
投稿日:2015.2.17

日本建築協会『建築と社会』場をつくる~プログラムの挑戦~リノベーションのリアル特集において、弊社代表・吉原と冷泉荘管理人・杉山の共同執筆論文が掲載されました。

『「ビンテージビル創育」プロジェクト~文化発信の礎をつくり、まちを耕す~』をテーマに、冷泉荘と山王マンションでの取り組みについて紹介しています。

過去の記事
吉原住宅 代表プロフィール
吉原住宅有限会社
代表取締役

吉原勝己

1961年福岡市生まれ。1984年九州大学理学部卒業後、旭化成で医薬品の臨床研究を17年行う。その後吉原住宅に入社。
老朽ビルの再生が、資産価値向上と人のつながりを深める手段となることを確認する。